【2023年8月/田川市】須佐神社にて、拝殿に掛かった楠の枝打ち、特殊伐採をしました。

伐採

みなさんこんにちは、合同会社kumaガーデンプランナーの伊熊です。夏も終わりに近づいていますがまだまだ暑い日が続いています。7月は梅雨、台風の影響で中々日程調整が難しく一ヶ月ぶりの須佐神社になりました。その間剪定、伐採、伐倒の現場に作業に行っていました。

エリア/作業内容概要

田川市伊加利にある須佐神社にて大木の伐採、神社の拝殿に掛かった楠の枝打ち、特殊伐採を行いました。木の高さは約20mぐらいですが横に伸びた3本の枝は難度が高いので慎重に作業していきたいと思います。

作業前/before

コチラが作業前になりますが楠の枝が拝殿側に伸びているのと、その反対側の下には家があります。それでは昇るためロープをセッティングしていきます。

作業工程/works

まずは、昇るためスローラインを撃ち込みます。そしてロープを掛け昇ります。妻が下でグランド作業で進めていると植木屋ちゅらの義理の弟夫婦が応援に来てくれました。私たちが現場に追われているのと明日雨なので手伝いに来てくれたそうです。有難いです(涙)

ですので、二手に分かれ伐り下げていきます。妻はロープ操作と伐り下げた廃材を運んでもらいました。どんどん伐り下げて、グランドの妻はバタバタさばいてもらい大変だったと思います。

この日は、すごく暑く外気温が37度ぐらいありましたが一度昇ると降りたくないのでノンストップでの作業です。二人とも水筒ぶら下げて(笑)

今日みんなで一緒にした所は全ての枝を伐採し幹だけにしました。応援に来てくれた身内の植木屋ちゅらのすけさん夫婦有難うございました。義理の弟も仕事を見る限り成長したと実感しました。植木の剪定、伐採、特殊伐採を得意としてますので、田川市にある植木屋ちゅらさんもよろしくお願いします。

次の日は雨だった為、休みでしたが次からは幹を断幹していきます。

この日は、晴天で暑さも37度あり、妻と2人で作業していきました。この暑さなので拝殿側の幹を断幹してこの日の作業は終わりにします。妻はグランドのロープ操作をしながら片付けをしてもらいました。

この日の作業で伐った材は、36個の幹を断幹しましたが材を二輪車に乗せて距離があるので妻も大変だったと思います。今日はここまでで、明日最終日にします。

今日は午後から雨、落雷予報ですが、最後まで気を抜くことなく妻と2人でラストを締めくくります。

しかし幹がくねくねしていて、昇るのに苦戦しましたが今からトップを150kgの重さでヘビーリギングします。かなり揺れますがあと少しなのでやるしかありません。

やはりかなり揺れましたが、妻が下でロープをコントロールしてくれたのでスムーズに作業進みまました。後は妻が持てるサイズにミスマッチしながら仕上げていきました。途中大雨、落雷と大変でしたが何とか何も壊すことなく作業が終わりました。

この日も、伐った材を全て妻に運んでもらいました。雨の中お疲れ様です。

お仕事完了!/after

仕上がりがコチラになります!周りが民家や拝殿と神経使う現場でしたが、また一つ私達夫婦2人、植木屋ちゅらのすけさんも成長できたと思います。難しい現場でしたが無事に作業を終えることができてよかったです。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました