空き家の伐採の依頼が広がる理由

ブログ&コラム

こんにちは、合同会社kumaガーデンプランナーの伊熊です。

いつもブログ見て頂きありがとうございます。

今回は、空き家の伐採の依頼が多くなってきている理由を記事にまとめました。

近年、私たちの仕事では空き家の伐採の依頼が増加しています。これは家の解体作業だけでなく、地域全体の再生や改善に向けた一環となっているようです。今回のブログでは、この現象がなぜ起こっているのか、説明致します。

1.安全性への懸念

近頃営業でまわった地域でよく空き家を見かけます。多くの空き家は荒廃し、その建物が危険な状態で雑木も生い茂ってすごい状態です。崩れそうな家や倒壊の危険性がある場合、これらの建物は近所の住民のみなさんに対して安全上の脅威となり落葉問題で悩まされていると思います。そのため、所有者や地元の住民の皆様は安全向上を図るために、積極的に空き家の伐採を依頼するようになっている状況です。

2.地域美化の向上

空き家が増加すると、その周辺地域の美観が低下する傾向があります。たとえば人の住んでいない家や草木や伸びっぱなしの雑木が生い茂る光景は、地域の印象を損ないます。この美観の低下が、住民の生活環境や地域への誇りにも影響を与えます。空き家の伐採は、地域全体の美観を向上させ、住みやすい環境を築く一環として積極的に進められています。

空き家の隣の家の方のよく聞く声

・落ち葉をいつも掃除している。

・私の家の庭に枝が伸びてきている

・空き家の木が大きくなりすぎて倒れてきそう。

・枝が落ちてきてうちの家の瓦が割れた。

・道路がいつも落ち葉だらけ

・通学路だから危ない

2.地域社会の協力

空き家の伐採には地域社会の協力が不可欠です。ご近所のみなさんや空き家の持ち主様、自治体が一丸となって取り組むことで地域社会の貢献に繋がります。声が一致すれば、より多くの空き家問題が解決されるでしょう。

空き家の伐採が多くなっているのは、安全性、ご近所からの苦情、美観の向上、犯罪の抑制、再開発への期待、そして地域社会の協力など、様々な要因が影響していると思います。

合同会社kumaガーデンプランナーでは空き家問題も取り組んでいます。空き家でお悩みの方弊社にお任せください。どんな困難な木でも対応致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました