【分譲住宅で特に伐採する木】アリゾナ杉・コニファーについて。

ブログ&コラム

みなさんこんにちは、合同会社kumaガーデンプランナーの伊熊です。

いつも、ブログを見ていただきありがとうございます。

今回は、特に分譲住宅で伐採の依頼が多いいアリゾナ杉・コニファーについてブログを更新いたします。

コニファー・アリゾナ杉について

アリゾナ杉はヒノキ科で樹高は一般的に15メートルから30メートルに達することがあります。特に分譲住宅ではシンボルツリーなどで植えられる方が多いいです。

コニファーは針葉樹で樹高は一般的に10メートルくらいにはなります。分譲住宅でよく見かけます。人気の高い木です。

地植えすると成長速度は?

若いアリゾナスギは成長が速く、最初の数年間で高さが比較的急速に早くなります。成長速度は年間でおおよそ30センチメートルから60センチメートル程度と言われています。

コニファーは一般的には年間数センチメートルから数十センチメートル程度の範囲で成長することが多いです。以下に代表的なコニファーの成長速度の一般的な範囲を示しますが、これはあくまで目安として考えてください。

地植えする前でお店に売っているときはこんなに小さく可愛いですね。

台風にはつよいのか?

アリゾナスギは一般的には台風に対してあまり強い樹木とは言えません。台風による風や風雨の影響を受けやすいことがあります。

コニファーは一般的には耐風性があるとされていますが、成長状態や種類、環境条件によってその耐風性は異なります。台風や強風が頻繁に起こる地域でコニファーを育てる場合は、適切な種類の選定や植栽、風よけの設置などを検討することが重要です。

コニファーですが、根が横張で値が浅いため台風で傾いています。

伐採を考えて伐る人多い分譲住宅

アリゾナ杉やコニファーは苗で売っている時は可愛いですが、成長速度が速いためシンボルツリーにはあまり適してないのがお客様のお声が多く伐採・特殊伐採することがほとんどです。

大きくなりすぎてお困りは、一度業者さんに相談されてみることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました