【2023年7月/北九州市】大きくなりすぎた、コニファーの伐採をいたしました。

伐採

みなさんこんにちは、合同会社kumaガーデンプランナーの伊熊です。

エリア/作業内容概要

今回の現場は、北九州市八幡西区木屋瀬東にてコニファーの伐採をすることになりました。

お客様のご要望では、コニファーが大きくなりすぎて台風で倒れて近隣にご迷惑かける恐れがあるので、伐採してほしいとのことでした。針葉樹は根が横にはるので特に台風被害が多いいです。

この木は地植えすると大きくなりすぎるので、伐採することが多いいです。特に新しめな分譲住宅でシンボルツリーで植えられる方がほとんどです。苗木の時は小ぶりでかわいいので人気ですが、成長が早く大きくなるのも早いですね。

それでは、作業のご紹介をさせて頂きます。

作業前/before

こちらが作業前ですが、大きくなりすぎてますがシンボルツリーにはいいですね。

作業工程/works

こちらの木を伐採していく前に伐採式をしました。お客様が火曜日にいないため契約が決まって見積日に伐採式を執り行いました。それでは、妻と二人で伐採していきます。

私が先にゴールドクレスト、ヒバを伐採しました。足元を良くしてコニファーを伐採しようとしたら、蜂が出てきたので妻がハチの巣スプレーをかけてくれました。小さな巣がありアシナガバチでした。今年は去年よりも蜂が早めにでてきて早速私は刺されました!(笑)

伐った廃材は、その都度妻が2トンダンプに積み込んで載せてくれました。この暑さなので効率良く、作業ペースをあげました。

積み込みも終えラストですが、大変だった所はフェンスに枝が絡まっていたところを剪定鋏や手鋸を使い分けながら作業をしたことです。

お仕事完了!/after

無事に作業を終えることができました。清掃、片付けをしっかり終えお客様に確認して頂いたところ、大変喜ばれていました。

伐った廃材は、これから処分場にもっていきます。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました