【2023年4月/直方市】お庭の剪定・強剪定・特殊伐採致しました!

伐採

みなさん、こんにちは。合同会社Kumaガーデンプランナーの伊熊です。

エリア/作業内容概要

この度、直方市山部で個人邸のお庭にて強剪定の施工を行いました。強剪定とは、木々や植物を根元から切り落とすことで、樹形を整えたり、成長を促すための技術です。

お客様のお話によると20年くらい放置していたみたいで、お庭の植物が成長しすぎて、手入れが困難になっていたため、強剪定を思いきって作業することになりました。

作業前/before

施工前は、植物が多すぎて雑草も生えている状態で、お庭全体が暗くうっそうとしていました。樹木がからまり合っていることもあり、どこから手をつけていいのかわからない状況でした。

施工前は、植物が多すぎて雑草も生えている状態で、お庭全体が暗くうっそうとしていました。樹木がからまり合っていることもあり、どこから手をつけていいのかわからない状況でした。

作業工程/works

まず、施工前に植物の状態を確認し、どの部分を切り落とすかを決定し、ロープクライミング技術で作業いたしました。また、植物の種類や成長の状態に応じて、妻と話し合い強剪定は、植物にとって負担が大きい作業ですが、植物を傷つけないように慎重に夫婦2人で行いました。

伐採作業において、高い位置にある木を切り倒す場合、脚立を使って作業を行うことが一般的ですがしかし、今回のような場合は、脚立を立てる場所がない周囲の状況が危険なため脚立を使用できない場合があります。

そのような場合には、ロープクライミングの特殊伐採という方法を用いて作業を行います。特殊伐採は、ロープや滑車を使用して、高い位置にある木を制御しながら切り倒す方法で、安全かつ正確な伐採作業を行うことができました。

まず、周囲の状況を確認し、木にロープを掛けます。その後、高所作業用のハーネスをつけ次に、伐採する木に対してロープや滑車を取り付け、そのまま制御しながら、切り倒す方向に向けて切断していきました。

特殊伐採によって、脚立が使用できないような高い位置にある木でも、安全に伐採作業を行うことができます。また、周囲の状況が危険な場合にも、特殊伐採を用いることで、危険を回避しながら伐採作業を行うことができます。

ただし、特殊伐採は、専門的な知識や技術が必要であるため、素人が行うことは危険です。安全面を考慮し、専門業者に依頼することが重要です。

お仕事完了!/after

施工後は、お庭がスッキリとした印象になり、植物同士がからまり合うこともなくなりました。また、強剪定によって、植物の成長が促されるため、お庭の景観がより一層美しくなりました。

強剪定は、植物の成長を促すだけでなく、お庭全体の景観を整える効果もあります。しかし、施工方法が間違っていると植物を傷つけたり、成長を妨げる原因になることもあるため、専門家に依頼することをおすすめします。

この場を借りて、お客様に心から感謝申し上げます。今回のご依頼をいただき、合同会社Kumaガーデンプランナーに作業をご依頼いただきましたことを夫婦一同、心より感謝しております。

お客様のお庭にて強剪定作業をさせていただき、お庭が一層美しくなりましたこと、大変嬉しく思っております。お客様のご要望に添えるよう、丁寧かつ迅速に作業を行い、お客様にご満足いただけたこと、私たちの最大の喜びです。

お客様も大変喜んでくれてたので今後も、お客様のご要望に応えられるよう、より一層努力してまいります。また、何かお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

改めて、この度はご依頼いただき、誠にありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました