【2023年4月/田川郡】高さ20m以上、建物に傾いた3本の杉伐倒!

伐採

みなさんこんにちは。植木屋の、合同会社kumaガーデンプランナーの伊熊です。いつも、施工実績見て頂き誠にありがとうございます。

エリア/作業内容概要

今回の現場は、田川郡赤にて杉の伐倒に入らせて頂きました。以前杉の伐倒、特殊伐採に入ってた現場で、残り3本残っていて今回台風前に伐倒をすることになりました。3本とも家の方に傾いている為、難度は高いですが、特殊伐採のロープクライミング工法取り入れた、伐倒にしました。

それでは作業のご紹介をさせて頂きます。

作業前/before

          

作業工程/works

高さは約20m以上あります。3本とも同じくらいの高さなので、出来るだけ高い位置にロープを付けたいので、スパーで下から昇っていくことにしました。なるべく高い位置にロープを付けないと軽い力で倒れないからです。

まずは、伐倒する前にお客様立ち合いで、伐採式を行いました。去年の終わりから、必ず伐採式はしています。

スパーを履いて昇っていきます。下枝を省きながら高い位置にロープをセットしていきます。

ロープを取り付けたので、ウィンチを取り付け傾いた木を倒す方向に、今から伐倒します。

狙った位置に、伐倒できました。しかし、傾いた大木の伐倒は何度やっても神経を使いますね。

伐倒した大木はその場で、持てる大きさに伐ってあげ、枝も全て払いました。お客様自身で片付けるそうです。

あと2本も同じように倒しました。一番家側に傾いていた木が、一番難しかったです。

ラスト一本、次の日に伐倒しました。ラストも、スパーを履いて昇っていきました。それにしても、この日は凄く暑く、またまた空調服を着ての作業でした。

ウィンチは、法面をあがったところに取り付けましたが、重さが40キロくらいあるので、なかなかの重量です。伐倒準備が整いました。

           

お仕事完了!after

安全に倒すことができ、お客様のお悩みであった、大木は、なくなり大変喜んでいました。奥様も私と一緒で杉花粉症らしく、これで少しは良くなるのではないでしょうか。良かったです。本当にお世話になりました。ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました