【2023年4月/直方市】崖っぷちに、聳え立つ杉の特殊伐採!

伐採

みなさん、こんにちは。植木屋の、合同会社kumaガーデンプランナーの伊熊です。

エリア/作業内容概要

今回お仕事に入った場所は、直方市上境の個人邸にて、杉の伐採をする事になりました。お客様からお電話がかかり、お話を聞くと一度業者さんに入ってもらったみたいですが、トップをとめてもらったのはいいですが徒長枝が伸びすぎて、法面の下には家があり、迷惑かけてるという事で思い切って伐採して欲しいとのことでした。杉の真後ろには、倉庫の屋根があり、障害物や法面、下には家と難度が高いですが、ロープクライミング技術作業で伐採することになりました。それでは作業のご紹介をさせて頂きます。

作業前/before

           

見にくいですが、倉庫側に3本と枝も密集して、日を遮っています。以前伐採した業者さんがスレートの屋根に乗って伐採したらしく、2箇所割っていました。

作業工程/works

ここでの作業は、下からスパーを履いて下から昇って行った方が早いので、下枝から省いていき、とにかく高い位置にアンカーをつけました。それでは昇っていきます。

徒長枝なので、か細いですが杉はわりと強いですね。私の体重も支えてくれています。どんどん伐採していくのですが、ロープレンチを使うと物を壊す事なく安全に作業を進めることができました。とにかく幹だけにしていきます。

大分スッキリしたと思います。これから、ポーターラップをつけて、グランドの妻とインカムをつけて声を掛け合って作業していきました。法面で足元が悪く、運び出しが大変だったそうです。

こんな感じで残りの2本も同じやり方で、作業を進めていきました。それにしても、足元が悪すぎでしたが、妻と二人で全てを運び出しました。

お仕事完了!after

廃材は、お客様が全て処分してくれたので助かりました。持ち運びやすいように、持てる重さで全て切りました。狭くて、大変でしたが何も壊す事なく作業が完了した事に安心しました。お客様も、明るくなったと大変喜ばれていました。また、難度の高い作業ができて私たち二人は、勉強になり成長できました。ありがとうございました。

            

コメント

タイトルとURLをコピーしました