【2023年1月/直方市】ヤマボウシ、モミジ、シマトネリコの剪定をしました。

剪定

みなさん、こんにちわ。合同会社kumaガーデンプランナーの伊熊です。いつも、ブログを観て頂き、ありがとう御座います!

エリア/作業内容概要

2023年初の依頼があり、ホームページをみて、数ある中から選んで頂き、誠に有難う御座いました。現場は、直方市上新入にて作業をすることになりました。

お客様の話によると、一度シルバーさんに、頼んだみたいでご満足いかなかったそうです。そこで剪定の依頼がありました。お庭は洋風のお庭で、凄く掃除もされており、お客様から洋風の木は剪定できると尋ねられ、お見積りに行かせて頂きました。

木の説明してから、お見積りをして、納得してもらったところで作業することにしました。ヤマボウシにかんしては、樹形が凄く気にってらっしゃったので、自然風に仕立てることにしました。電線にかかりそうだったので、トップを止めないとどんどん高くなるので、徒長枝がが出ない程度で強剪定することにしました。

紅葉は落葉していたので、枯れない程度で剪定することにしました。

シマトネリコに関しては、冬なので葉を多く残すように剪定することにしました。

合同会社kumaガーデンプランナーでは、得意としている、和風のお庭の木の剪定、洋風のお庭の木の剪定、伐採、伐倒、クレーンや高所作業車が入らない所などのロープを使った特殊伐採、草刈、肥料、消毒をしています。木のことなら、何でもお任せ下さい!

それでは作業の様子を、ご紹介することにします。

作業前/before

作業工程/works 

シマトネリコに関しては、除草剤がかかって少し弱っていました。ある程度枯れたところを省き、不要な枝は全て剪定することにしました。弱っていた分、グリンパイルの肥料をどの木にも、すべて打ち込みました。グランパイルは、窒素、リン酸、カリが豊富にありダイナマイトみたいな肥料で土に打ち込みます。長さは、約30センチくらいあり、一度打ち込むと、1年間はなにもしなくていいです。

紅葉に関しては、お任せで私なりに綺麗に仕上げて、剪定した所全てクスリをぬることにしました。

ヤマボウシは、強剪定じゃないので、今後のことを考えてトップを抑えることにしましたが、あまり太枝から強剪定すると、徒長枝がでるので樹形が乱れない程度で剪定することにしました。トップは、脚立が届かない為、ロープワークでの作業を実施しました。

ヤマボウシの剪定ですが、トップの枝が細いですが折れない程度で、ロープに体重をかけ、特殊伐採の大きな木と違い慎重に、剪定していきました。

この日は天候も悪く、朝から雨が降っていましたが、夫婦2人で協力して仕上げることができました。

枝木の廃材は軽ダンプで、処分場に持っていきました。

お仕事完了!/after

清掃、片付けも終わり、お客様に確認してもらった所、凄く感激されていました。喜んで頂き、私達もやり甲斐がありました。本当にありがとう御座います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました