【2021年9月/北九州市】大きくなりすぎた楠木の伐採致しました。

伐採

みなさん、こんにちは。合同会社Kumaガーデンプランナーの伊熊です。

エリア/作業内容概要

北九州市八幡西区下畑町にて、お庭にある樹齢80年くらいの、大きな楠木の特殊伐採することになりました。

初めに見て思ったことは、とにかく大きくて高さもあるなって思いましたが、スリル満点でやる気が出ました。

それでは、作業の様子をご紹介させて頂きます。

作業前/before

写真が作業前で、高圧電線に掛かりそうな勢いす。

作業工程/works

これから、スタッフと打ち合わせを念入りに話し合い、まず昇る準備に取り掛かりました。

ロープは45メーターの固めなシングルロープにし、いつも愛用のブルドックボーンを装着しまた。ハーネスはノッチのセンチネルです。特に腰にやさしく、チェンソーなどの重量物をさげても、軽く感じるので樹上での作業がすごくしやすいです。

楠木の真下には、たくさんの植木がありますので枝を伐って落とせないことから、ウインチgrcsを使うことにいたしました。

この道具は吊り下ろしたり、巻き上げたりと物を壊すことなく、安全に作業することができます。その他にも伐倒などにも使うこともあり、非常にいい仕事をしてくれます。

今回の作業人数は3人でやっていきます。みんなで協力して、進めていきます。

今日一日で、半分以上が終わりました。この作業で大変だった事は、楠木の下にスズメバチの巣があり、枝を落としたら、ハチが出てきたのにはビックリして、駆除して頂く業者の方に来てもらい、一時作業が中断したことです。

それからは、枝を吊りながら、下のグランドワーカーとインカムで応答しながら作業をしました。

毎日やっていることなので、みんな上達したと思います。

明日は幹だけにして伐倒準備に取り掛かりたいと思います。

見事に伐倒できました。

お仕事完了!/after

片付け、清掃が終わりお客様も大変喜んでいまた。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました