【2020年12月/北九州市】崖ギリギリ、樫の枯れかけた大木、伐倒!

伐採

みなさん、こんにちは!合同会社kumaガーデンプランナーの伊熊です。

エリア/作業内容概要

八幡西区香月にある聖福寺にて、崖ギリギリで岩盤に生えた、枯れかけた樫の大木を2台のウインチを使って伐倒する事になりました。

以前樫の枝はリギング作業にて、伐採したのですが連絡があり伐採することになりました。しかし、大木の幹だけですが、下の方は穴が剥げて枯れかけた状態!それでは、作業の様子をご紹介します。

作業前/before

作業工程/works

見るからに、ビックリでしょ?崖の下には御堂や建物がある為、失敗は許されません。しかも崖側に行って、大きなチェンソーを使い受けを作らないといけないのが、怖いです。木が大きい為、ウインチを2台使う事にしました。

後ロープも何本も貼り、根どめもしっかりしないと危険なので、セッティングに悩まされました。伐採できると言った以上やるしかありません。

勇気を出して、木の裏側へ行き受けを作りました。グランドの仲間にウインチを使い引っ張ってもらっています。すると、伐倒し始めました。イケルイケル!

狙った所に伐倒できました。ナイスです!恐怖を感じましたが、みんなで伐倒できたので達成感はハンパありません。

お仕事完了!/after

伐倒できた大木、でかいでしょ?思わず3人でハイタッチしました。お疲れ様でした。仕上がりは!

お客様も大変喜んでいました。無事に終わりなによりでした。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました